[死は逃げ場ではない]私の自殺を止めたトート閣下

こんにちは、憑依型女優のヘレンです。


宝塚歌劇に興味はあるけど、
今一歩踏み出せずにいるあなたを
深い沼に引きずり込む、

もとい、、


美しくも深い宝塚の世界へ
あなたをいざなう

「宝塚ヘレン劇場」へ

ようこそ




死ねばいい、に込められた
トート閣下の想い>



宝塚歌劇を代表する作品といえば、
私は迷わず


エリザベート
~愛と死の輪舞~


と答えます。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

『エリザベート -愛と死の輪舞ー』【Blu-ray】 [ 宝塚歌劇団 ]
価格:10800円(税込、送料無料) (2019/5/16時点)

楽天で購入




言わずと知れた代表作、

黄泉(よみ)の国の帝王トート閣下と、
オーストリア皇后エリザベートとの

愛と死への葛藤の物語。



1998年に日本で初めて
エリザベートが上演されてから約20年、

再演に再演を重ね、
宝塚歌劇だけでも10回上演されています。


単純計算で
約2年に1度は上演されていることになりますね。


これは、本場オーストリア公演やドイツ公演を
上回るハイペースな上演回数で、

日本でのエリザベート人気が伺えます。

hallstatt-3609863__340.jpg

エリザベートの作品中には
とても印象的なセリフがたくさんありますよね。


中でも一番、有名なのはやはり、


「死ねばいい」



夫である皇帝フランツの
浮気を知ったエリザベートが

「どうすればいいの私、

生きていけない!」


と自身の境遇を嘆いた時の、
トート閣下のセリフ


「死ねばいい」



単純に、お前なんか死んでしまえ!
という意味のセリフではありません。



トート閣下は黄泉の国の帝王、

つまり「死の世界」を司る帝王。



トート閣下にとって
「死」という世界は、

自身が創りあげ、
厳重に管理している

最も美しく清らかな世界なのです。





愛するエリザベートが
苦しんでいる、、
救ってあげたい。


ならば、私が管理する
最も美しく清らかな世界へ


連れて行ってあげよう。


俺と一緒に、さあ行こう!!



「死ねばいい」
にはこういう感情が込められています。



そして、もう1つの有名なセリフ、


「死は逃げ場ではない」



エリザベートの最愛の息子ルドルフが自殺し、
その亡がら(なきがら)の前で彼女は泣き崩れ、



トート閣下にすがり、



もう生きていたくない、
死にたい、
あなたにあげるわ私の命を、


死なせてーー!!!


と叫びます。



が、トート閣下は気付いてしまいました。
エリザベートの目が曇っていることを。



繰り返しますが、
トート閣下にとって
死の世界は美しく清らかなところ。


決して人生に疲れ果て、

生きることを諦めた者が
行くところではありません。



むしろ、

この世でなすべき使命を果たした者
だけが行ける楽園なのです。



息子を亡くし、
失意のどん底にいるエリザベートは、


この世でなすべき使命を忘れ、
ただただこの現実から逃れたい、


だから、死の世界へ連れて行って!



そう懇願するエリザベートを観て、
トート閣下はとてもショックを受けます。


そして、放つセリフが


「死は逃げ場ではない」



「死ねばいい」と
「死は逃げ場ではない」は


一見すると、
真逆なことを言っているように思いますが、



上述したとおり、根底にあるものは同じ。



「死の世界」は清らかで美しいところ、
この世でなすべき使命を
果たした者だけが
最後にたどり着く楽園。

その世界を汚すことは、
トート閣下にとっては
最も屈辱的なこと。




私の自殺未遂とトート閣下>


ここで少し私の昔話を聞いてください。

勇気を出してお話します。


大学生の頃、私は当時付き合っていた人から
DVを受けていました。


何度も殴られ、
何度も顔は腫れあがり、

何度も耳の鼓膜は破れました。


私が逃げないよう服を脱がされ、
部屋に軟禁されていたこともあります。


部屋から出してもらえず、
学校に行けなかったこともあります。


携帯電話は川に捨てられたり、
2つに折られたりと、
何台も壊されました。


卒業論文を書いていたパソコンも、
それをコピーしていたメモリースティックも
壊され、湯船に浸けられました。


別れてもなおストーカーとして付きまとい
ある夜、私の部屋に押し入り、


馬乗りで顔を何度も何度も殴られ、
最後に包丁を取り出してきました。



一瞬のスキを見て、
外に逃げ出しました。

靴なんて履いている暇はありません。


裸足のまま、
夜道をひたすら走りました。


当時まだ公衆電話がチラホラ残っていたので、
それを見つけすぐに110番、


一緒に到着した救急車で私は搬送されました。


顔面打撲で顔はひどく腫れあがっていました。

鼓膜破損の程度がひどく、
鼓膜再生不可との判断で手術をしました。


親はそれを聞き、600km離れた田舎から
車を飛ばして来てくれました。

親に状況を伝えるのはとても辛かった。
恥ずかしかった。


学校でも噂が広がり、
居場所はなくなりました。


ある日、住んでいたマンションの窓から
外を見降ろしました。


ここから落ちれば、
私は楽になる、、

そんな考えがよぎり

窓に向き合い、
身を乗り出そうとした瞬間、


声が聞こえました、


「死は逃げ場ではない!」



私は我に返り、窓から離れ、
その場にうずくまりました。


トート閣下の清らかな世界を
自殺という行為で汚してはいけない。



私はまだ死の世界に行ってはいけない。


まだなすべき使命を果たしていない。



私は飛び降りるのをやめました。


トート閣下に救われた、、、
そう思いました。


あれから10年以上、
時に嫌なこと、辛いこともあるけど、


私は生き、

そしてこうやって

読者の皆様に
いろんなことをお伝えできています。



生きていれば辛いこともあるでしょう。
悲しいこと、
恥ずかしいこともあるでしょう。


そして、

死にたいと思うこともあるかもしれません。



そんなときは思い出してください。


あなたは、
なすべき使命を果たしましたか?

あなたがしようとしている行為は、
トート閣下の清らかな世界を
汚すことにはなりませんか?



読んでいただき、ありがとうございました。



私の自殺を止め、
命を救ってくれたトート閣下


もしまだ観劇したことがない人は、
ぜひ一度ご覧になってください。


エリザベート上演の過去10作品のうち、
一番観ていただきたいのは、

2014年花組版です。


狂わしいほどにエリザベートを愛し、
苦悩するトート閣下です。


クライマックスではきっと、
一筋の清らかな涙を流すと思います。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

『エリザベート -愛と死の輪舞ー』【Blu-ray】 [ 宝塚歌劇団 ]
価格:10800円(税込、送料無料) (2019/5/16時点)

楽天で購入



追伸;

宝塚大劇場観劇に行くんだけど、
わからないことがある、
これを教えてほしい!

という方は遠慮なくヘレンにご連絡ください。
ヘレンへの直通メールアドレスです。
コピペして、普段お使いのメールから
お問い合わせください。
 ↓
hrk428dss1012.1@gmail.com

*ドコモ、au、ソフトバンクの
キャリアメールからご連絡いただく際は
gmailアドレスがブロックされないように
設定をご確認の上、
お問い合わせいただけますと幸いです。



なお、Twitterでは、

宝塚に関する
かなりマニアックな
情報も発信しておりますので、
一度覗きにいらしてください。

↓をクリックでTwitterに飛びます

沼の住人がたくさん集まっていますので、
とても素敵な世界を
垣間見れることとと思います。



◆◆合わせて読みたい関連記事◆◆

ファン歴20年で研究したベストランチをご紹介

どんな服装で劇場に行っていますか?
観劇の良し悪しは服装選びで決まります。

開演何分前に到着するべきか

現実を嘆くだけでは何も変わりません。
自分らしく生きるためには、
自分から行動する必要があります。


人生100年時代に一番必要なものとは?

人生の岐路に立った時、あなたには進むべき指針がありますか?

この記事へのコメント