どうしてこの世に生まれてきたのだろう~ファントムより~

こんにちは、憑依型女優のヘレンです。


『どうしてこの世に
生まれてきたのだろう』


誰もが一度は持つ疑問。


どうして
私はこの顔で生まれてきたの?

どうして、
あの子は私よりきれいなの?

どうして、
あいつは私より才能があるの?

どうして
私はこんなに卑屈で醜いの?


こんな私は
生きている意味があるの?


苦しい。。


そんな苦しみに
1つの答えをくれるかもしれません。


望海風斗(のぞみふうと)主演
雪組公演ファントム

IMG_5809-1.heic

ここ数年で一番の
驚異のチケット難の中、

何とかチケットを手に入れて観劇してきました。


友人にハンカチ1枚じゃ足りないよ
と言われ、初回はハンカチ2枚持って行ったのですが、


涙がザーザーに流れて、
嗚咽が漏れるものですから、
私はハンカチ2枚でも足りませんでした。


2回目の観劇の時は


フェイスタオルを持って行き、
タオルで涙と漏れる嗚咽を抑え、
もう片手でオペラグラスを持つ


という奇妙なスタイルで
観劇することとなりました。


たまに、

「あ~、オペラ座の怪人ね。
劇団四季でみたよ。」

と、作品を勘違いしている方がいますので
軽く説明しますね。



「ファントム」も「オペラ座の怪人」も

ガストン・ルルーの小説
「オペラ座の怪人」を基にしている
という点では共通しています。



劇団四季でおなじみの
「オペラ座の怪人」は

アンドリュー・ロイド・ウェバー脚本による
ミュージカル。


宝塚で上演される
「ファントム」は

モーリー・イェストン作詞作曲
アーサー・コピット脚本のミュージカルです。



「オペラ座の怪人」
の主人公は、
ミラクルパワーをもった恐ろしい怪物で、
天才的建設家、天才的作曲家で歌手。


それに対して、


「ファントム」
の主人公は、

見た目がちょっと怖いだけで、
特にミラクルパワーもない、
普通の人間。


名前も普通にあります。
ファントムの名前は「エリック」。

え?怪物に名前があるのかって?

当たり前です。あくまで人間ですから、
あなたと同じように名前があります。



そしてもう一つ、
とてもとても大事なポイント。



「オペラ座の怪人」は
女性をめぐるラブストーリー


なのに対して、


「ファントム」は
ラブストーリー要素もありますが、
一番のポイントは、


父と子の愛の物語!!



ちなみに私はどっちもも好きです。
わざわざ、海外までオペラ座の怪人を
観に行ったくらいですから。


が、大好きな宝塚歌劇で上演されていることと、
親子の感動物語という点で


やはり、ファントムの方が
より好きです。



これ以降はネタバレ含みますので、

これからファントムをご覧になる予定の方は、
ご注意ください。

IMG_5804-1.heic


『どうしてこの世に
生まれてきたのだろう』


誰もが一度は考えたことのある疑問。

ファントムは常に考え、悩み、苦しみもがきます。



どうして俺は
こんなにも醜く生まれてしまったんだ。

俺がこんなに醜い顔でなければ、
こんな暗闇の中で一生を過ごすなんてなかったのに。

どうして
俺の居場所はこんなに暗い地下室だけなんだ。



どうして俺は
誰かを愛してはいけないんだ。

俺はクリスティーヌが好きなんだ。

俺は彼女の歌声を
もっとも聞きたいたいんだ。



彼女の歌声はまるで
死んだ母さんの歌声のようなんだ。


母さん、会いたい!
母さーーーーーん!!


お母さんの面影を重ねて
クリスティーヌを求めるファントム。


クリスティーヌの愛を信じて、
仮面を取り、
自分の一番醜い部分をさらけ出します。


自分を守っている仮面を外す
ってとっても勇気がいりますよね。


この仮面を外すと
自分の醜い部分が丸裸になる。


でもきっと大丈夫。
俺は彼女の愛を信じる。

こんな僕でも、
彼女はきっと受け入れてくれる。


しかし、彼女は
ファントム顔のあまりのおぞましさに
逃げてしまいます。


本当の自分をさらけ出し
拒絶され、傷つき、悲しみの只中にいる
ファントムの元へ、

ある男がやってきます。


ファントムは言います。
「どうせ、お前も俺の顔を見たいんだろう。」


「もう見たことがあるよ。
お前が小さい頃に。」

「俺の母さんのことをよく知っていたとか?」

「ああ」

「愛していたとか?」

「そうだとも」



お前は私の愛しい子、
かけがえのない宝物

生まれたときから
ずっと守り続けて来たんだ。


何があろうと断ち切れない
二人の親子の絆は!


お前は私の生きがいだ!



お父さんはもしかしたら
直接的な愛をくれないかもしれません。

でも、


あなたが苦しみの只中にいるとき、

独りぼっちで寂しいと感じるとき、

どうしてこの世に生まれてきたのだろう、
と嘆いているとき、


もしかしたら


少し離れたところから
お父さんが見守ってくれているかも
しれませんよ。


その愛を少しだけでも感じてみると
生きるのが少しだけ
楽になるかもしれませんね。



ーー追伸ーー

憑依型女優ヘレンが読み解くファントム、
いかがでしたか?

偏見と思い込みで書いていますので、
その考え違う!という方、
そうそう私もそう思うという方、
ぜひぜひコメントくださいね。


◆◆合わせて読みたい関連記事◆◆
愛する妻を実の兄に奪われた大海人皇子は一体何を思ったのでしょうか?
天命を生きた男、大海人皇子』について語っています。

大海人皇子から愛する妻と娘を奪った中大兄皇子の心情、気になりませんか?
もしかしたら、あなたが想像する人物像と違うかもしれませんよ。

明治維新の最前線で生きた人物です。
今、注目の武士道について楽しく学べます。

どんな人にも輝ける場所が必ずあります

この記事へのコメント